スマートフォン版サイト

Net Movie 歯科開業への道  ~成功への階段~

開業を目指す全ての方に贈るネットムービー。
最後まで是非ご覧下さい。

NET小説 歯科開業への道 ~成功への階段~

チャプター06 「融資の交渉」

さなえからの電話を切った新開は、携帯電話を持ったまますぐ近くにあるインターフォンの応答ボタンを押す。

「はい、お待たせしました」

訪問者の相手に呼びかける。

「新開先生、ご無沙汰しております。M社の工藤です」

インターフォンのスピーカーから明るい声が響く。

「あ、工藤さん。今、開けます」

インターフォンを切って、玄関口へ向かう新開。

玄関のドアを開けると、笑顔の工藤が立っている。

「新開先生、こんにちは。お元気でしたか?」

軽く頭を下げる。

「こんにちは。ごめんなさいね、急に呼び出したりして」

「いえいえ、とんでもありません」

にこやかに答える工藤。

「実は・・・ちょっと相談したいことがあって・・・あ、ごめんなさい、とりあえず中へ入って」

工藤を招き入れる新開。

「失礼します」

工藤、中へ入り、玄関のドアが閉じられる。


閑静な町並みにある一軒のファミリーレストラン。

前面ガラス張りの一席に石田が座っている。

そこへ小走りで現れる工藤。

「あ、工藤さん」

「すみません、石田先生。お待たせいたしました」

工藤、石田の向かいに急いで座る。

「資料を作成するのに手間取りまして・・・申し訳ありません」

頭を下げる工藤。

「いえいえ、無理を言っているのはこちらですから」

笑顔で答える石田。

「無事、物件の契約も終わりましたので、これから金融機関へ融資をしてもらう為の交渉が始まります。必要な事業計画書は、税理士の森川先生に書いていただきました。」

工藤、鞄から書類を取り出して石田に手渡す。

石田、事業計画書のページを捲りながら目を通していく。

「う~ん、助かります。5年後の資金運用も試算できるのですね。正直言って、私はお金のことは苦手なので、工藤さんや森川先生がいなかったら大変でしたよ。人には聞きにくい話ですしね。」
「確かにそうですよね。それで先生、融資はどこかご指定の金融機関はありますか?」
「ええ。父の会社と取引のある銀行にお願いしたいのですが。」
「お父様ですか。ではそちらの銀行とアポイントをとっていただけますか?」

「帝塚山歯科」の休憩室。
石田と古里が立ち話をしている。
「物件も決まって銀行の融資がまとまれば、私も開業医だ。」
「石田先生、院長先生に聞かれたら大変ですよ。」
「大丈夫、院長は出かけたよ。それに院長先生には随分前から、開業に関する相談はしているんだよ。私だって、院長先生に相談無しで、いきなり開業します!なんてことは言いたくないしね。」

「そうなんですか。」

ほっとする古里。

「ところで、古里は開業なんか考えないの?」

「いやぁ、まだ具体的には考えてないですね。毎日があっという間に過ぎていく感じで・・・そこまで余裕はないです。」

「まぁ、私もすぐに開業するから、もし何かあったらいつでも相談してよ。」

軽く笑い飛ばす石田。

そんな石田を見て、少し不安そうに口を開く古里。
「先生、浮かれすぎていませんか。夢もいいですが現実を見失ったら大変ですよ。銀行の融資は本当に大丈夫なんですか?」

再び、笑い飛ばす石田。
「大丈夫だよ、心配ないって。順調、順調!」

古里の言葉には殆ど耳を貸さない石田であった。


さなえの自宅 。
リビングで携帯メールを手にするさなえさなえ。
「お金のこと、聞いたら成泰、怒るかな。付き合ってるんだから聞いてもいいかな・・・。」
メールを打ちかけて手が止まるさなえさなえ
「やめとこ。信じないと・・。でも、はぁ(ため息)。」

携帯を閉じて、机の上に投げ出すさなえ。
その携帯の横には、先日結婚した友人からのハガキが何気においてある。

「私たち結婚しました。今度はさなえの番かな?」のメッセージが書かれている。

幸せそうな友人の写真を見ながら、再び大きなため息をつくさなえ。


東京北銀行の応接室。

石田の父親の会社と取引がある銀行に、石田は工藤と一緒に来ていた。
その銀行の応接室で、担当者と話をしている石田と工藤。
「というのが、石田先生の事業計画です。ね、先生。」
「はい。」

手にした事業計画書を見ながら、担当者が口を開く。
「石田先生、申し訳ありませんが全額融資は難しいです。」
「え?」

驚く石田、そして工藤。
「昨年までならこれで内諾できたのですが今のご時勢では、満額の融資は・・・。」
まさかの交渉決裂に動揺を隠しきれない石田と工藤。満額融資をもらえないと開業は夢へと消えていきます。開業への道は再び足踏みです。


次回へ続く~

pagetop