スマートフォン版サイト

Net Movie 歯科開業への道  ~成功への階段~

開業を目指す全ての方に贈るネットムービー。
最後まで是非ご覧下さい。

NET小説 歯科開業への道 ~成功への階段~

チャプター05 「お金のことは言えない」

あるテナントビル1階の一室。
無事、気に入った物件の契約を締結した石田は、工藤と一緒にさなえを連れてその場所に来ていた。
がらんとした室内を物珍しげに歩き回るさなえ。
そのさなえに石田はついてまわり、いろいろと説明をしている。

「入口があっちで、そこが待合室。受付はここで、あちらにチェアを並べて・・・」

身振り手振りを交えて、一生懸命説明する石田。

石田の説明に耳を傾けるさなえ。
そんな2人から少し離れて、工藤が立っている。
「ふーん、思ったより広いね。天井も高いし。」
あたりを見回すさなえ。
「そうだろう?いっそのこと、さなえもOLやめてここで働くか?」
石田が得意気に言う。
「私は普通のOLだから、それは無理。お役に立てません。」
頭を下げて、笑顔で答えるさなえ。
「そうだなぁ。あ、ごめん、まだ工藤さんと打合わせがあるから、駅まで送っていくよ」
立っている工藤に視線をうつす石田。
「いいよ、駅すぐそこだから。」
さなえが駅の方角を軽く指差す。
「そうか。ごめんね。」
石田とさなえ、出口のほうへ歩き出し、工藤もそれに続く。


石田と工藤の2人と別れ、駅までの道を1人で歩くさなえ。
子供が元気に遊ぶ公園を通り過ぎる。
楽しそうな子供たちを見ながら、少しだけ微笑むさなえ。

ふと真剣な表情になり、立ち止まる。
「本当に大丈夫かなぁ・・・歯科医師としては立派な人だと思うけど、経営者じゃないし・・・家賃30万円ってどうなんだろう・・・聞きにくいけど、お金大丈夫かなぁ・・・」

大きくため息をつき、再び歩き出すさなえ。その足取りは心なしか重い・・・。

マンションの一室。さなえの自宅である。
リビングで、年賀状の束から何かを探しているさなえ。
「ええっと・・・あ、あった、あった。」
1枚の年賀状を取り出す。
年賀状の裏面には、綺麗な歯科医院の写真が印刷されており、
「新開歯科医院は、おかげさまで5周年を迎えることが出来ました。」
の文章が記載されている。
その下には、手書きで次の文面が書き添えてあった。
『さなえは結婚まだかな?私は開業医としてすっかりキャリアウーマンになってしまいそう(涙)  新開聖子 携帯・・・090-1234-5678』
「聖子さん、元気にしてるかなぁ・・・歯科の知り合いって聖子さんだけだし、開業のことを聞いたら教えてくれるかしら・・・。」
年賀状を見つめて暫く考え込むさなえ。
意を決して携帯を取り出し、葉書に書かれた番号を押す。
何回かの呼び出し音のあとに、相手が電話に出る。
「もしもし、新開です。」
携帯電話を持ち直すさなえ。
「あ、聖子さん?ご無沙汰しています、叶さなえです。」
携帯から元気そうな声が響く。
「あ~、さなえちゃん?久し振り。元気にしてる?あ、最後に会ったのっていつだっけ?」
新開の声にほっとするさなえ。
「聖子さんの開業1周年記念パーティ以来です。」
「あ~、そうそう。そういえば、あの時一緒に来ていた歯科医の人とはまだ付き合ってるの?ひょっとして結婚の報告?」
おどけたような新開の声が響く。
さなえ、困惑しながらも
「いえ、交際はしていますが、まだ結婚は・・・」
一瞬の沈黙をはさみ、口を開くさなえ。
「実はね、聖子さん。彼、開業するの。」
「え?そうなの。それはおめでたいわね。あなた、院長夫人じゃないの。」
「そ、それはそうなんですけど・・・聖子さんに聞いてもいいですか?開業って簡単にできるものなんですか?聖子さんのところは家賃っていくらぐらいですか?」
「え?、家賃?どうしたの、さなえちゃん?」
電話の聖子の声が心配そうに変わる。
「歯科医って1日いくらぐらい稼げるのですか?もし失敗したらどうなるんですか?」
「ちょ、ちょっとさなえちゃん、落ち着いて。何かあったの?」
「私・・・不安なんです。開業ってどういうことかよくわからないし、本当に必要なことなんでしょうか?」
少しだけ時間を置いて聖子の声が答える。
「さなえちゃんの気持ちはよくわかるわ。でも、そんなに心配しなくても大丈夫よ。彼がちゃんとしているから。だから、落ち着いて。」
その時、聖子の声の後ろからチャイムの音が響いた。
「あ、さなえちゃん、ごめん。お客さんがきたみたい。とりあえず、一旦電話を切るわね。」

「あ、聖子さん・・・」

切られた携帯電話を握り締め、思いつめた表情のさなえ。


良い物件を契約したことで、すっかり有頂天になっている石田には、さなえの不安など知る由もなかった。さなえの不安な気持ちは行き場を失ったまま、開業への道はまだまだ続く・・・


次回へ続く~

pagetop